【更新情報】コスミック出版様「でっかい!まちがいさがし3月号」イラストを描かせていただきました!

イラレ講座の様子 その43(超初級「基本操作」編)

イラレ講座の様子 その43(超初級「基本操作」編)

イラレ講座の様子 その43(超初級「基本操作」編)
*お仕事でイラストレーターを使いたい女性の場合*

こんにちは、【ひろガリ工房】の がりぼん です。
先日行われた イラストレーター講座/超初級「基本操作」編 の様子を紹介いたします!

今回受講していただいたのは「お仕事でイラストレーターを使いたい」生徒様。
職場のお仕事で、イベント案内や資料等の制作、ダウンロードしたフリー素材を少し加工したりするのにイラストレーターを使っていきたいとのことです。

それでは、印刷物を作るにも素材データを作るにも必要となる、イラストレーターの「基礎の基礎」から練習していきましょう!

↓講座の大まかな流れはこんな感じです。

① イラストレーターの画面操作の練習
画面の移動、画面の拡大・縮小

② 図形ツールの基本
四角や丸を描いてみる

③ 選択ツール(黒矢印)の基本1
オブジェクト(四角や丸などの図形)の選択・解除

④ 選択ツールの基本2
オブジェクトの移動、拡大・縮小、回転、コピー

⑤ オブジェクトの色と線
塗り・線の色の付け方、線幅の変更

⑥ いろいろな基本操作
グループ化、重ね順の変更、整列、削除、作業のやり直し

⑦ 選択ツール(黒矢印)とダイレクト選択ツール(白矢印)の違い
黒矢印と白矢印の違いを実際に使って体感

⑧ 文字ツールの基本
文字サイズ、改行、行間、書体、文字色、横書き・縦書き

⑨ 応用練習
上記①~⑧で習ったテクニックを使って、簡単なイラストを描いてみる

まず前半では、ひろガリ工房厳選の「これだけは絶対!」な基本操作を説明&練習していきます。
生徒様のペースに合わせ、ゆっくり確実に進めます。

今回の生徒様は普段お仕事でバリバリとパソコンを使っていらっしゃる方で、パソコンを操作すること自体に非常に慣れていらっしゃったので、素早く理解できる部分は手身近に、はじめて見聞きするイラストレーターの操作に関してはじっくりと丁寧に説明していきました。

講座の時間は3時間と長丁場ですが、生徒様のペースや進み具合、タイミングを見て休憩も挟みます。

この休憩時間には、イラストレーターを具体的にどのような方向で使っていきたいか?など、雑談を交えてお話したりもします。


後半では応用練習として、前半で習った基本操作を使って簡単なイラストを描いてみます。

基本のテクニックを組み合わせたり図形をうまく活用することで、初心者でも、絵に自信がなくても、簡単なイラストを描くことが出来ます。

ひと通りの練習が終わり、まだ時間が残っていた場合は「生徒様の知りたいこと」についても説明します。

今回は、イチからデザインやレイアウトを作っていくというよりも、ダウンロードしたフリー素材をカスタマイズしたり、すでに持っている写真を配置したりする事などについて簡単な説明をさせていただきました。

説明を聞いただけではなかなか実作業は難しいと思いますが、お仕事をしていく中で今回習った「基礎の基礎」を取り入れながらしっかりと身につけて、慣れてきたら新たな表現にもチャレンジしていくと、デザインやお仕事の幅が広がっていくと思います。

 

イラレ講座授業風景 ひろガリ工房からひとこと

『ひろガリ工房のイラレ講座では、「リピーター様専用プラン」も用意しています。自主練習でどうしても分からないこと等ありましたら、またご利用ください』

◎超初級講座「基本操作」編 3時間コース は青文字をクリック!

イラストレーター講座カテゴリの最新記事